#002【序章】国税徴収法の目的

 

官報クエストⅣ ~国税徴収法~
税理士試験『国税徴収法』を討伐することを目指して、長い長い旅に出る勇者の物語。


●旅の道中●

勇者くん、去年の分の確定申告はしているかね?
弘、
弘、
勇者
勇者
かくていしんこく・・・?
えっ、まさかしていないのかい?君、勇者やってたんだから、確定申告しなきゃ。だって、前回の『消費税法』討伐の時、大会で賞金を得たり、武器を売り買いしたりしただろう?
弘、
弘、
勇者
勇者
ま、まぁ、賞金はたっぷり稼ぎましたけど、薬草とかを買い込んだり、ゲームオーバーになりすぎて、お金を使い果たしてしまいました。笑
それなら、大丈夫かな?って、全然大丈夫じゃない。それじゃぁ、私が『税金』について、少し教えておこう。
弘、
弘、
勇者
勇者
よろしくお願いします・・・
例えば、町に武器屋があるだろう。武器商人は、武器を仕入れて、それに利益を上乗せして売っている。例えは100Gで仕入れた武器を150Gで売る。すると利益が50Gでる。これらが積もり積もって、1年間で得た利益の金額によって税金が課されるんだ。もし武器商人が会社を設立して事業を行っていれば『法人税』、個人で行っていれば『所得税』が課される。その他、武器の販売代金に上乗せする形で『消費税』が課されているが、それはまぁ置いておこう。
弘、
弘、
勇者
勇者
なるほど。『消費税』って、『武器』とかは10%、『しもふり肉』とかは8%の、あれですよね?
そうだ、その辺はよく理解しているようだな。
弘、
弘、
勇者
勇者
へへっ。
ちなみに君はフリーランスの『勇者』だから、『所得税』が課されるはずだ。
弘、
弘、
勇者
勇者
・・・。
国は、こういった『税金』を取りっぱくれないように、『国税徴収法』を定めているんだ。
弘、
弘、

国税徴収法は、国税の滞納処分その他の徴収に関する手続の執行について必要な事項を定め、私法秩序との調整を図りつつ、国民の納税義務の適正な実現を通じて国税収入を確保することを目的とする。

勇者
勇者
でも、ちゃんと申告しなくても全然バレなそうですけど。笑
そういうワケにはいかない。国もそういうのを見逃すまいと、次々『調査』を仕掛けてくる。
弘、
弘、
勇者
勇者
そうなんですか。なんかおっかない話ですね。

 

●冒険の書●

・上級講義①視聴。

 

●レベルアップ●

Lv.50 ⇒ Lv.114


この先の旅路には何が待ち受けているのか。

不安と期待を胸に、今日も歩みを進めるのであった。

(to be continued…)

 

↓お買い物はコチラから↓

安定した活動継続のため、ご支援お願い致します。

 

↓他の受験生の方のブログはこちら↓

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

●連載中●

学習が遅れ気味のため、更新停止中です。。

理論熟練度(スキルマップ)

CONTENTS

ご支援のお願い

↓お買い物はコチラから↓

安定した活動継続のため、ご支援お願い致します。

ランキング参加中!

↓他の受験生の方のブログはこちら↓

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ

ページ上部へ戻る