異色

 

異色

 

「私は赤い」と君は言う

白黒によく映えるから

自分は異色の存在だと

 

「僕は青い」と君に言う

なにも不思議なことはない

この世は彩りで溢れているから

 

HAL

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る